私たちの仕事

トップページ > 私たちの仕事 > 看護部の紹介

看護部の紹介

看護部長あいさつ

看護部長
籠島 政江(認定看護管理者)

昭和12年に開院し、以後、長い歴史の中で特に看護師教育に注力してきました。看護学生の臨地実習での学習支援、新卒看護師の臨床実践能力の開発、リーダー看護師の育成、さらに専門看護師・認定看護師の育成を支援する環境を整えています。
赤十字の理念である「人道」は、看護の基本となるものです。これは看護の対象に限らず、看護職員個々人にもあてはまります。それぞれの個性と強みを生かしながら、臨床での看護実践を通して、職業人としての成長を互いが支えあえる職場であることを目指しています。
看護の質は個別性の尊重にあります。高齢の患者さん、病状の重篤な患者さん、終末期にある患者さんなど、背景や疾病・治療の内容にかかわらず、生活者としての「その人らしさ」に焦点を当てた個別性のある看護を提供できるよう日々、取り組んでいます。
さらに、赤十字の役割の一つとして「災害救護活動」があります。災害発生時の医療救護に対応する実践能力を開発する教育研修を進める、また、国内外の災害救護活動に積極的に参加する体制を整えています。

看護部の理念・基本方針・ビジョン

理念

――人を救うのは人――

 「人道」の理念に基づき、私たちは患者さんのその時、その場での「あり様」を理解し、病気や治療による消耗を出来るだけ少なくし、その人の持てる力を支援し、その人らしい生活を援助するよう努めます。
基本方針
  1. 安全な療養環境を提供します。
  2. 患者さんとそのご家族の持てる力を支援します。
  3. 赤十字看護師として、より実践力を高め、質の高い看護を提供します。
  4. 地域の健康を支える病院の看護職員として高い専門知識と技術をもって貢献します。
ビジョン
  1. 地域における医療と看護のニーズに対応する医療提供体制の整備に貢献する。
  2. 医療を支える看護職者の能力育成とその育成支援者の能力開発に取り組む。
  3. 医療チームのコアとして活動する専門能力を開発する。
  4. 新棟開棟・既存棟改修等の環境の変化に対応して、安全で働きやすい環境づくりに取り組む。