先輩ナースの声

トップページ > 先輩ナースの声

河原さん

就職してもうすぐ3年目。私は血液内科で働いています。2歳の時に悪性リンパ腫で父を亡くし、父の事を知るためにも看護師として働くには絶対にここだと思いました。

私の取柄は元気と笑顔!患者さんのことが大好きで、家にいても早く患者さんに会いたいなぁと思うこともよくあります。

1年目から病院のバレーボールチームに参加し、2年連続試合に出場しました。年齢を超え、職種を超え、わからないことがあれば密かに専門分野の方に聞けちゃうのもポイントです。

ぜひ一緒にスポーツに、仕事に、汗を流しましょう!

曽川さん

私が働く病棟には、毎年4名前後の新人さんが入職しています。新人さんには、必ず先輩看護師が実地指導者やプリセプターとして関わり、病院の年間指導計画に沿って指導します。実地指導者は、師長・係長・プリセプターなどと相談しながら、それぞれの新人さんの進行状況に合わせて指導計画を調整したり、看護技術の練習を一緒に行っています。

新人さんは慣れない仕事や環境で不安に思っていることが多いと思います。私が働く病棟は4つの診療科が混在しているため、毎日手術があり入退院が多く、忙しい環境です。しかし、少しでも新人さんが仕事や環境に慣れるように、いつでも相談できる環境であるよう病棟スタッフ全員でサポートしていく体制をとっています。

私自身、新人さんの教育をさせていただいて3年になりますが、まだまだ未熟な面に気づかされることが多くあり、日々私自身の学びとなっています。

一緒にスキルアップしながら、新しい環境や仕事に慣れていって欲しいと思います。

梅田さん

私は結婚・出産後、育児休暇を1年取得して、子供が1歳の時に復帰しました。今は、変則2交代制勤務で夜勤もしています。

復帰後は、新しい病棟での仕事と育児の両立がうまくできず、悩んだこともありましたが、周りのスタッフや先輩の助けを借りながら今まで続けられています。当院では復帰後の研修や育児短時間勤務制度も取り入れられ、復帰しやすいような環境が作られています。

山本さん 井上さん

私たちが当院に入職してはや3年が経ちます。入職した当初は、日々業務内容を覚え看護技術や知識を身につけることに精一杯で、患者さんに対してなかなか思うような看護ができず、葛藤した時もありました。しかし、先輩スタッフの温かいアドバイスや同期と共に悩みを分かち合うことで、葛藤を乗り越え自分たちの成長に繋がっていったと思います。

まだ看護師としては未熟ですが、現在はプリセプターとして、看護技術面だけでなく、メンタル面や体調に配慮し、相談しやすい環境を作り、新人看護師の一番の理解者になれるように努力しています。

今後就職される皆さんは、「看護師」として期待や不安などあると思いますが、当院の教育体制はしっかり整っていますし、先輩ナースも優しく丁寧に指導してくださるので働きやすい職場ですよ。

ちなみに今年度男性看護師は、やっと10人に達しました。まだまだ男性看護師が少ないので、男性の方もぜひ当院に入職してください。一緒に働けるのを楽しみにしています。